熊本県サイクリング協会とは・・・

熊本県サイクリング協会(KCA)は、サイクリングの健全な発展と普及に努め、県民の体力向上と会員相互の親睦と交流を深める事を目的として1962年5月に発足し、2012年に50年目を迎えました。
以来、公益財団法人日本サイクリング協会(JCA)、九州・沖縄サイクリング協議会と連携してサイクリングイベントの実施、サイクリングに関する情報の提供、自転車乗り方教室など安全なサイクリングに向けた講習会などの活動を行なってきました。
お陰さまで会員数は、300名を越え、多くの会員のご支持を頂いております 。

KCAでは、4月「球磨川センチュリーライド」を皮切りに、5月「五家荘集合サイクリング」、7月「サイクルマラソン阿蘇望」、8月「サイクルスポーツin熊本」、9月「相良路サイクルフェスタ」、10月「熊本市民スポーツフェスタチャレンジサイクリング」、11月「天草四郎サイクリングフェスタ」、3月「天草下島一周サイクルマラソン」季節ごとに人気の行事を主催しております。

昨今は環境に優しく健康に良い自転車が脚光を浴びサイクリングブームの最中ですが、まだまだ自転車の正しい活用についての理解やマナーなどが十分とは言えない面が見受けられます。

そうした課題に加えて、スポーツサイクリングを始めるに当たってハードルを感じておられる人や、仲間作りを希望している人などに様々な機会を提供してゆく事で、サイクリングの楽しさを一人でも多くの皆様と分ち合えれば幸いと考えています。

最後に、今後の目指すところしては、自転車が国民の財産として通勤、通学、買い物、都市活動、そして観光などに活用できるような社会、自転車が交通体系にきちんと組み込まれた道路行政などの実現に向けた活動をしてゆきたいとも考えています。

役員一同、皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

                                         熊本県サイクリング協会
                                           理事長  髙田 吉彦